お知らせ・お薦め講座

お知らせ・お薦め講座

紅葉の室礼五十鈴塾からのお知らせ、
講座の新着情報のご案内です。
三か月ごとに企画しています新講座、特別講座、野外講座、
定期的に続けている講座、シリーズ講座などとは別に、
団体、もしくはサークルの方々に日本文化の体験、ふれあいの場としての企画もコーディネートしております。
日本の様々な文化を気軽に体験してみてはいかがでしょう。

※講座は満席になり次第、募集を締切りますので、
お早めにお申し込みください。

講座のご案内はこちら>>

講座のお申込みはこちら>>

お知らせ

講座コーディネイトのご案内
『集まれ!ちびっこ体験塾』参加団体募集のお知らせ
宇治浦田市営駐車場が有料に

新着講座

戦国貴族の生き残り戦略⑤
戦国貴族の生き残り戦力 講師 岡野友彦(皇學館大学文学部長) 國學院大學図書館所蔵「久我家文書」に含まれる戦国時代の古文書を読み解くことで、戦国時代を生き抜いた公家貴族たちの苦悩と「したたかさ」についてお話していただきます。 第一回は康正2年( [...]
続きはこちら>>
冬を楽しむ寄せ植え
寄せ植え 冬枯れの言葉通り、なにもかも枯れてしまう冬にあえて花をつけたり美しい実を結ぶ植物たち。そこには寒いからこその美があります。そんなけなげな草や木を寄せ植えにして楽しみましょう。 いろいろな色彩と花びらが可憐なパンジー、まる [...]
続きはこちら>>
神宮摂社・末社・所管社の歴史 その2~津長神社の歴史について~
津長神社 津長神社は宇治今在家町に鎮座します。古くは「津長社」とか「津長大水神社」と呼ばれていました。 平安時代末期、現在の宇治橋前の饗土の地には二本桜があり、その下を経て津長に参拝するのが常でした。鎌倉後期の書物に「津長社は宇治 [...]
続きはこちら>>
冬至に祈る
冬至 宇治橋の鳥居の上に昇る太陽、その瞬間に暖かさがふわっと広がりお日様の恵みを全身で感じられます。 この日から昼の長さが増して行くと思うとまだまだ続く冬の寒さになんとか耐えられるのです。 こんな気持ちを皆さんと分かち合いなが [...]
続きはこちら>>
山村御流のお正月の花
おもと 奈良門跡寺、円照寺伝承のいけばな。 簡素にして清潔、高雅を旨として命あるものを慈しむ、慎ましい日本の心を活けます。 花と会話を重ねるなかで、自然の中に生かされるすばらしさを堪能します。 講師の山室先生は山村御流の教授を務 [...]
続きはこちら>>
楽しい俳句
俳句画像 わずか17文字にいろんなことを詠みこむ俳句。 筆記用具さえあればいつでもどこでも楽しめる手軽な趣味。 難しいことをいえば貴族社会で楽しまれていた和歌に始まり連歌、俳諧となり、芭蕉が芸術にまで高めた究極の短詩です。これを生 [...]
続きはこちら>>
萬歳楽を見に行きましょう
萬歳楽2 伊勢志摩地方は古くから開けていた土地なので様々なお祭りが各地に残っていますが、復活させた神事もあります。 それが伊勢市楠部町に伝わる萬歳楽です。 伊勢神宮の神田近くにある櫲樟尾(くすお)神社の例大祭で奉納される豊年舞で、 [...]
続きはこちら>>
新春を楽しむ寿ぎの美
鶴 かつて日本のお正月では、新年を祝う床飾りや宴の調度、着物などに、さまざまな吉祥図様が施されていました。 それらには長寿や豊作、子孫繁栄など切実な願いが込められていましたが、「初日の出」「松竹梅」といったモチーフは、特に江 [...]
続きはこちら>>
尾張醸造の町を巡る
醸造① 愛知県は、昔から発酵と醸造文化が盛んなところです。今でも、醤油やみりんなどがたくさん醸造され、食を豊かなものにしています。 今回は醸造にテーマを置いて、最初に蟹江町にある文久2年創業(1862年)の甘強酒造を見学、その後 [...]
続きはこちら>>
鬼と節分
鬼2 鬼といえば一般的に頭に角が1本か2本あって神はパンチパーマ風、眼はギョロリと大きく、口には牙が生え指には鋭い爪があります。虎の皮の腰布を付けて皮膚の色は赤や青黒が標準で金棒を持っています。 かなり具体的ですがこれは7世紀 [...]
続きはこちら>>