講座のご案内

講座のご案内

これから開催される注目の講座、過去に開催された講座の様子をご紹介します。
五十鈴塾で、より自分らしい暮らし方のヒントを見つけてみませんか。
あなたの日々の暮らしをアップグレードするために、さまざまな講座をご用意しました。
(講座は満席になり次第募集を締切ります。)

※いつも五十鈴塾にご支援、ご参加有難うございます。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、また皆様に安心して受講いただけるよう、感染防止対策に取り組みながら、開講させていただいております。
状況によってはリモート講座として行ったり、講座内容によっては中止する場合や場合もございますので、事前にご確認の上お申し込みくださいませ。
夏も魅力ある講座を企画いたしております。ぜひご参加をお待ちしております。
なお、ご参加の際には体調を万全に、必ずマスク着用の上、ご来塾いただきますようお願いいたします。

:lol:  NEW

【夏の講座】 2021年6月~2021年8月

企画講座のご案内

野外講座のご案内

特別講座のご案内

シリーズ講座のご案内

伊勢御師フォーラム2021 特別講座のご案内

新着講座の一覧はこちら>>

注目講座

御師のくらし~年中行事から見る御師のくらし~
御師の暮らし 江戸時代は、月ごとに多くの年中行事がありました。 伊勢には、御師の家や町の行事が書き留められた史料が現存しています。 人々の暮らしを彩った月々の行事を紹介しながら、特色ある御師の日常を紐解いていきます。 講師 太田未帆 [...]
続きはこちら>>
仏様の見分け方 その2~明王と天部~
不動明王 冬の講座で仏様の見分け方をお話いただきましたが、如来と菩薩で時間切れとなってしまいました。 なんせ如来さまだけでも釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来などと錚々たる顔ぶれ(?)が揃っていて、その違いを聞いて納得してい [...]
続きはこちら>>
御師と茶の湯
御師と茶の湯 神都の都、伊勢の地は大変、茶の湯が盛んでした。 宝暦のころには毎日釜が掛けられ、一町に二十数ケ所余りにわたり「在釜」の旗が掲げられていたといわれています。「塵塚」(小田文喜著) 当時、活躍した茶人たちは、神宮の御師でした [...]
続きはこちら>>
漢字の旅「雨・昼・坐・衣・来」~高先生に学ぶ漢字は面白い~
雨 甲骨文字1 講師 高 潤生 (書道篆刻家・現代印作作家) 漢字はいつどのようにして生まれたのでしょう。 今、残っている一番古い漢字は「甲骨文字」。 亀の甲羅や動物の骨に刻まれた漢字です。 これは占いの結果を記録するために使われました [...]
続きはこちら>>
はじめての花結び~結びでつくるひまわり~
向日葵①-1 「花結び」は一本の紐を手で結び、花や蝶、紋などの形をつくる飾り結びです。「結ぶ」という行為には、長い歴史と伝統に培われた美しさが存在しています。古代人は、その結び目に神の御心が宿ると信じていました。仏教の伝来と共に花結び [...]
続きはこちら>>

過去の講座のご紹介

楽しい俳句
日本書紀千三百年を祝して~日本書紀を巡る世界その1~
伊勢国司北畠氏の歴史②
中国茶を楽しむ
はじめての陶芸
伊勢西国三十三所~もう一つのお伊勢参り~③
朝熊山に登ろう
せんぐう館とナンジャモンジャ
鈴鹿の芍薬畑と小岐須渓谷の屏風岩
三重県立美術館「若冲と京の美術ー京都・細見コレクションの精華ー」展鑑賞会