お知らせ・お薦め講座

お知らせ・お薦め講座

紅葉の室礼五十鈴塾からのお知らせ、
講座の新着情報のご案内です。
三か月ごとに企画しています新講座、特別講座、野外講座、
定期的に続けている講座、シリーズ講座などとは別に、
団体、もしくはサークルの方々に日本文化の体験、ふれあいの場としての企画もコーディネートしております。
日本の様々な文化を気軽に体験してみてはいかがでしょう。

※講座は満席になり次第、募集を締切りますので、
お早めにお申し込みください。

講座のご案内はこちら>>

講座のお申込みはこちら>>

お知らせ

講座コーディネイトのご案内
『集まれ!ちびっこ体験塾』参加団体募集のお知らせ
宇治浦田市営駐車場が有料に

新着講座

甲賀の古社
油日神社本殿 ※この講座は中止になりました。 伊賀市と亀山市に隣接する甲賀市は古代から都との関係が深く、西山先生から甲賀の神社仏閣は見るべきものが多いから行ってみましょうとのご提案をいただき企画しました。 メインの油日(あぶらひ)神社 [...]
続きはこちら>>
「春風香」を楽しむ
柳 ※この講座は中止になりました。 「春風の こほりふきとく 川岸の 冬木の柳 色つきにけり」  藤原家良 春風を感じる季節、三つの香り「冬木の柳(スモタラ)」「川岸(マナカ)」「春風(キャラ)」、それぞれの香りを優雅に聞き [...]
続きはこちら>>
根付け作りに挑戦
ヤドカリ③ 伊勢みやげとして一世を風靡した「伊勢根付」。これは朝熊黄楊という伊勢にしかない材料に恵まれていたからです。 手で撫でているうちに色はあめ色に変化し艶を増し、すべすべ感がなんともいえない癒しをもたらします。 刃物の使い方を [...]
続きはこちら>>
漢字の旅 「麗人行(れいじんのうた)」~高先生に学ぶ漢字は面白い~
麗金文 講師 高 潤生 (書道篆刻家・現代印作作家) 漢字はいつどのようにして生まれたのでしょう。 今、残っている一番古い漢字は「甲骨文字」。 亀の甲羅や動物の骨に刻まれた漢字です。 これは占いの結果を記録するために使われました [...]
続きはこちら>>
茶の湯雑談27
手桶さくら② 五十鈴茶屋製の季節のお菓子をいただきながら、茶の湯の歴史や点前の成り立ち、数々の茶人の逸話などを考察し、お茶の心やその精神性について、みんなで考えてみましょう。 日常生活に生かされることがたくさんあります。 (季節、進み [...]
続きはこちら>>
古法窯づくりトンボ玉を作ってみよう
トンボ玉作品① トンボ玉とは穴のあいたガラス玉で、同質のガラスで作ったいろいろな模様のパーツを象嵌(ぞうがん)した玉のことをいいます。一般的なトンボ玉は、ガスや重油のバーナー・ランプ等を使い、既製の色ガラスを購入して作られたトンボ玉が主 [...]
続きはこちら>>
茶の湯、初めての体験
初茶S3 単にお茶を飲むだけの行為が芸術にまで高められた茶道、日本ならではと思いませんか? 習ってみたいけど…難しい作法はあるし、着物は着られないしと尻込みをしてしまいがちですね。 「少しは触れておきたい」「日本人として、正しいお [...]
続きはこちら>>
楽しい俳句
俳句画像 わずか17文字にいろんなことを詠みこむ俳句。 筆記用具さえあればいつでもどこでも楽しめる手軽な趣味。 難しいことをいえば貴族社会で楽しまれていた和歌に始まり連歌、俳諧となり、芭蕉が芸術にまで高めた究極の短詩です。これを生 [...]
続きはこちら>>
春の星見と宇宙の観測×理論
星観察 4月28日には宵の明星の金星が最大光度(-4.5等)を迎えます。 この頃の金星は三日月状で、望遠鏡で形を確認することが出来ます。 その満ち欠けする姿は、地動説の強い観測的証拠になりました。 理論と観測(実験)は科学の両輪 [...]
続きはこちら>>
日本古来の花・優雅に揺れる藤の名所めぐり
江南藤まつり③ 桜はもちろん、花々が咲き乱れるこの時期、各地で色鮮やかな花絶景が見られます。今回は、東海地方の藤の名所2か所をめぐります。 ひとつ目は14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立された尾張の古刹曼陀羅寺の隣の「曼陀羅寺公園」で行 [...]
続きはこちら>>