お知らせ・お薦め講座

お知らせ・お薦め講座

紅葉の室礼五十鈴塾からのお知らせ、
講座の新着情報のご案内です。
三か月ごとに企画しています新講座、特別講座、野外講座、
定期的に続けている講座、シリーズ講座などとは別に、
団体、もしくはサークルの方々に日本文化の体験、ふれあいの場としての企画もコーディネートしております。
日本の様々な文化を気軽に体験してみてはいかがでしょう。

※講座は満席になり次第、募集を締切りますので、
お早めにお申し込みください。

講座のご案内はこちら>>

講座のお申込みはこちら>>

お知らせ

西山克著「中世ふしぎ絵巻」販売!
「星空の演出家たち」~世界最大のプラネタリウム物語~ 出版
講座コーディネイトのご案内
『集まれ!ちびっこ体験塾』参加団体募集のお知らせ
宇治浦田市営駐車場が有料に

新着講座

伊勢の冬を楽しむ~伊勢をめぐる歳時記~
冬至神宮 山眠る季節。 けれど伊勢の冬は、冬至の宇治橋の朝日、大晦日、新年、七草、小正月、どんど焼、御頭神事、寒の稲荷参りとなかなかに年中行事が目白押しです。伊勢神宮へは全国から初詣の人々が押し寄せ大賑わい。 伊勢にとって冬は注目 [...]
続きはこちら>>
特別講座 大徳寺と茶室
閑隠席聚光院 京都の紫野にある大徳寺。 戦国時代末期に秀吉によって営まれた織田信長の葬儀以降、武将が競って塔頭を設けました。 茶の湯は信長が庇護し、秀吉もそれに倣ったため、茶の湯をたしなむ武人たちも多かったようです。 今回は前田先生の [...]
続きはこちら>>
楽しい俳句
俳句画像 わずか17文字にいろんなことを詠みこむ俳句。 筆記用具さえあればいつでもどこでも楽しめる手軽な趣味。 難しいことをいえば貴族社会で楽しまれていた和歌に始まり連歌、俳諧となり、芭蕉が芸術にまで高めた究極の短詩です。これを生 [...]
続きはこちら>>
靴と足の健康
靴②-1 正しい歩行、正しい靴の履き方できていますか? 下駄や草履が主だった日本で、洋式の靴が履かれるようになったのは江戸末期から明治初頭の頃です。 生まれた時から靴履きが基本の私たちですが、足に合わない靴を長時間履き続けることは [...]
続きはこちら>>
冬至に祈る
宇治橋前鳥居 五十鈴塾恒例の冬至の日の出参拝です。 一年に一度万物の源、太陽の神様、天照大御神を祀る伊勢神宮をお参りいたしましょう。 神様へのお参りはお願いすることよりも感謝を捧げることの方が大事なんだそうです。 今年も一年無事で過ご [...]
続きはこちら>>
お正月の花
お正月の花④ 年末のあわただしい時ですが、お正月のお花の生け方を教えていただきながら、ゆっくりとお茶をいただきましょう。 お花はやっぱり松竹梅、梅はまだつぼみが堅いのですが、気長に花入れに活けておくと1月末頃には蕾が膨らんでいきます。 [...]
続きはこちら>>
ついに登場! 安倍晴明
疫病神退治をする安倍晴明(泣不動縁起より) お待たせしました。あの平安時代のスーパーヒーロー安倍晴明をついに西山先生に語っていただくことになりました。 夢枕獏の小説が発端となり、漫画や映画、羽生結弦選手のスケートなどでご存知の方も多いのですが、陰陽師として名声並び [...]
続きはこちら>>
三重の俳人たち
俳句(イラスト) 俳祖荒木田守武、俳聖松尾芭蕉を生んだ三重県。その風土に育まれ、多くの歴史に残る俳人を輩出してきました。 即ち、芭蕉の女弟子であり、江戸に出て眼科医となった伊勢山田の斯波園女、天明の中興期俳壇で活躍した 紀伊長島出身の三浦 [...]
続きはこちら>>
戦時下の宇治山田
戦時下の宇治山田(町並み) 第二次世界大戦下、宇治山田も6回の爆撃を受けました。その当時の事を覚えている方も少なくなってしまいましたが、今回は神様の都を襲った戦いのお話しです。 戦争も末期昭和20年の1月14日外宮への爆弾投下がはじまりです。 幸い [...]
続きはこちら>>
伊勢神宮125社巡り(終)~五十鈴川巡り~
宇治山田神社 伊勢神宮は内宮と外宮をご正宮として、14の別宮・43の摂社・24の末社・42の所管社、計125のお宮から成り立っています。 こんもりと繁る森は静けさに満ちていて、神話的空間に身を置くことができます。。 古代に思いを馳せな [...]
続きはこちら>>