お知らせ・お薦め講座

お知らせ・お薦め講座

紅葉の室礼五十鈴塾からのお知らせ、
講座の新着情報のご案内です。
三か月ごとに企画しています新講座、特別講座、野外講座、
定期的に続けている講座、シリーズ講座などとは別に、
団体、もしくはサークルの方々に日本文化の体験、ふれあいの場としての企画もコーディネートしております。
日本の様々な文化を気軽に体験してみてはいかがでしょう。

※講座は満席になり次第、募集を締切りますので、
お早めにお申し込みください。

講座のご案内はこちら>>

講座のお申込みはこちら>>

お知らせ

西山克著「中世ふしぎ絵巻」販売!
「星空の演出家たち」~世界最大のプラネタリウム物語~ 出版
講座コーディネイトのご案内
『集まれ!ちびっこ体験塾』参加団体募集のお知らせ
宇治浦田市営駐車場が有料に

新着講座

はきもの~温故知新~
はきもの⑥ 日本の気候風土から生まれたはきものは下駄と草履、時代に寄り添い独自の進化を遂げてきました。 今では履く機会がほとんどありませんが、15年前から安い下駄が作られるようになり、下駄への郷愁を呼び覚ましました。浴衣の時しかはか [...]
続きはこちら>>
伊勢の秋を楽しむ~伊勢をめぐる歳時記~
川曳き(伊勢の秋) 伊勢神宮のお正月は2度あります。10月の神嘗祭は古くから神宮のお正月といわれ、特別なものとして祝ってきました。 春に種を蒔き、秋に収穫する農業は天候に左右されます。 どんなに手をかけ、苦労をして育てても天候不順には勝てま [...]
続きはこちら>>
「茶の湯雑談」その22
茶花 五十鈴茶屋製の季節のお菓子をいただきながら、茶の湯の歴史や点前の成り立ち、数々の茶人の逸話などを考察し、お茶の心やその精神性について、みんなで考えてみましょう。日常生活に生かされることがたくさんあります。 (季節、進み具 [...]
続きはこちら>>
茶の湯、初めての体験
お抹茶 単にお茶を飲むだけの行為が芸術にまで高められた茶道、日本ならではと思いませんか? 習ってみたいけど…難しい作法はあるし、着物は着られないしと尻込みをしてしまいがちですね。 「少しは触れておきたい」「日本人として、正しいお [...]
続きはこちら>>
秋の訪れ
秋の花 この日は旧暦の7月26日、江戸の昔は『二十六夜待ち』といって、月の出を拝む風習がありました。 その訳は夜半過ぎに出る間際の光の中に阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の三尊のお姿が見え、これを拝むと幸運が得られるといわれていた [...]
続きはこちら>>
楽しい俳句
俳句画像 わずか17文字にいろんなことを詠みこむ俳句。 筆記用具さえあればいつでもどこでも楽しめる手軽な趣味。 難しいことをいえば貴族社会で楽しまれていた連歌から始まり、俳諧となり、芭蕉が芸術にまで高めた究極の 短詩です。これを生 [...]
続きはこちら>>
秋の夜長と宇宙膨張
星観察 講座当日は、木星も土星も見えなくなり、ちょっと寂しげな秋の空です。 晴れていれば月齢6の月を見ていただきます。 そして、この秋の夜長に宇宙の神秘に身をゆだねてみませんか? 今の宇宙が「ビックバン」と呼ばれる爆発から始まっ [...]
続きはこちら>>
宇治さんぽ
猿田彦神社 内宮前の宇治は門前町として発展してきました。2000年の歴史のあるところですから、残されたものも多くあります。そこここに名残の石碑や建物、木々などがその存在を訴えていますが、残念なことに覚えている人が年々少なくなっていま [...]
続きはこちら>>
七宝が語る伊勢・二見の美
泥釉七宝という技法を御存じですか?明治以前の七宝の技法で光沢のない不透明な釉薬を用いた七宝焼きです。光沢のある現代七宝とは異なり、深みのある落ち着いた作品に仕上がります。 山形に生まれ伊勢で制作活動をした上沼緋佐子さんは [...]
続きはこちら>>
伊勢神宮125社巡り⑦~滝原・宮川・磯部巡り~
瀧原宮HP 伊勢神宮は内宮と外宮をご正宮として、14の別宮・43の摂社・24の末社・42の所管社、計125のお宮から成り立っています。 こんもりと繁る森は静けさに満ちていて、神話的時間に身を置くことができます。。 古代に思いを馳せな [...]
続きはこちら>>