お知らせ・お薦め講座

お知らせ・お薦め講座

紅葉の室礼五十鈴塾からのお知らせ、
講座の新着情報のご案内です。
三か月ごとに企画しています新講座、特別講座、野外講座、定期的に続けている講座、シリーズ講座などとは別に、団体、もしくはサークルの方々に日本文化の体験、ふれあいの場としての企画もコーディネートしております。
日本の様々な文化を気軽に体験してみてはいかがでしょう。

※いつも五十鈴塾にご支援、ご参加有難うございます。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、また皆様に安心して受講いただけるよう、感染防止対策に取り組みながら、開講させていただいております。
状況によってはリモート講座として行ったり、講座内容によっては中止する場合や場合もございますので、事前にご確認の上お申し込みくださいませ。
夏も魅力ある講座を企画いたしております。ぜひご参加をお待ちしております。
なお、ご参加の際には体調を万全に、必ずマスク着用の上、ご来塾いただきますようお願いいたします。

講座のご案内はこちら>>

講座のお申込みはこちら>>

お知らせ

講座コーディネイトのご案内
『集まれ!ちびっこ体験塾』参加団体募集のお知らせ
宇治浦田市営駐車場が有料に

新着講座

観葉植物で楽しむハンギングバスケット
観葉植物ハンギング 昨年末の「ハンギングバスケット」講座が大変好評で、ぜひまたとの声がありましたので、夏もハンギングバスケットの 寄せ植えをすることにしました。ハンギングバスケットとは植物を植えて吊り下げたり、掛けたりできる花鉢のことで、 [...]
続きはこちら>>
神宮摂社・末社・所管社シリーズ その6 堅田神社の歴史について
堅田神社 堅田神社は延暦23年(804)に作られた『皇太神宮儀式帳』所載の24座の一つにあげられますが、『延喜式』にはこの名前では一切登載されていません。 ところで、祈年祭、6月月次祭、神嘗祭、新嘗祭、12月月次祭の年間5回、権禰 [...]
続きはこちら>>
楽しい俳句
短冊 わずか17文字にいろんなことを詠みこむ俳句。 筆記用具さえあればいつでもどこでも楽しめる手軽な趣味。 難しいことをいえば貴族社会で楽しまれていた和歌に始まり連歌、俳諧となり、芭蕉が芸術にまで高めた究極の短詩です。 これを [...]
続きはこちら>>
御師のくらし~年中行事から見る御師のくらし~
御師の暮らし 江戸時代は、月ごとに多くの年中行事がありました。 伊勢には、御師の家や町の行事が書き留められた史料が現存しています。 人々の暮らしを彩った月々の行事を紹介しながら、特色ある御師の日常を紐解いていきます。 講師 太田未帆 [...]
続きはこちら>>
仏様の見分け方 その2~明王と天部~
不動明王 冬の講座で仏様の見分け方をお話いただきましたが、如来と菩薩で時間切れとなってしまいました。 なんせ如来さまだけでも釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来などと錚々たる顔ぶれ(?)が揃っていて、その違いを聞いて納得してい [...]
続きはこちら>>
森林セラピー基地・美杉を歩く
森林セラピー 津市美杉町は、全域が赤目一志峡県立自然公園、西部の山岳地域が室生赤目青山国定公園に指定され、全体の9割を森林が占めています。森には人を癒し、健康に導く力があります。その効果は森林浴として親しまれてきました。森林セラピーと [...]
続きはこちら>>
御師と茶の湯
御師と茶の湯 神都の都、伊勢の地は大変、茶の湯が盛んでした。 宝暦のころには毎日釜が掛けられ、一町に二十数ケ所余りにわたり「在釜」の旗が掲げられていたといわれています。「塵塚」(小田文喜著) 当時、活躍した茶人たちは、神宮の御師でした [...]
続きはこちら>>
蕭白も見た朝田寺のじぞうさん
松阪朝田寺_寺 曾我蕭白は江戸時代中期の絵師です。水墨画の高い技術を持ち、強烈な画風で近年評価が高まっています。 蕭白は伊勢国に2度滞在し、各地の寺などで寄宿しながら絵を残しています。 残念ながらその多くは現存していませんが、唯一松阪の [...]
続きはこちら>>
漢字の旅「雨・昼・坐・衣・来」~高先生に学ぶ漢字は面白い~
雨 甲骨文字1 講師 高 潤生 (書道篆刻家・現代印作作家) 漢字はいつどのようにして生まれたのでしょう。 今、残っている一番古い漢字は「甲骨文字」。 亀の甲羅や動物の骨に刻まれた漢字です。 これは占いの結果を記録するために使われました [...]
続きはこちら>>
聖地巡礼~寺社の聖地を往く~
伊勢神宮 参詣曼荼羅という宗教的絵画があります。 神社や寺が参詣者の勧誘や霊場の案内を目的に作ったもので那智参詣曼荼羅や西国三十三所の曼荼羅などが有名です。 神宮を描いたものも多くあり、そのひとつ神宮徴古館所蔵の両宮曼荼羅は保存状 [...]
続きはこちら>>