講師紹介

講師のご紹介

五十鈴塾の講師を紹介いたします。
| ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行 | ヤ行 | ラ行 | ワ行 |

顔写真 神崎宣武(かんざき のりたけ)
五十鈴塾塾長・民俗学者・文化審議会専門委員・旅の文化研究所所長
1944年 岡山県生まれ
武蔵野美術大学在学中より宮本常一に師事。
以降、国内外の民俗調査・研究に従事。
陶磁器の技術伝播の調査と民具の収集に始まり、
食文化に展開。
旅への関心は、フィールドワークの体験と旅先で
出会った行商の人たちとのつきあいから。
郷里の吉備高原では神主でもある。
【著書】
『吉備高原の神と人』
『日本人は何を食べてきたか』
『観光民俗学への旅』
『酒の日本文化』
『物見遊山と日本人』
『「湿気」の日本文化』
『盛り場の民俗史』
『神さま仏さまご先祖さま』
『わんちゃ利兵衛の旅』
『失われた日本の風景‐都市懐旧』
『百姓(ひゃくせい)の国』
『聞書き 遊郭成駒屋』
『「うつわ」を食らう』
『おみやげ-贈答と旅の日本文化』
『ちちんぷいぷい-「まじない」の民俗』
『三三九度-日本的契約の民俗誌』
『旬の日本文化』
『江戸に学ぶ「おとな」の粋』
『江戸の旅文化』
『しきたりの日本文化』
『大和屋物語~大阪ミナミの花街民俗史』
『おじぎの日本文化』
等、多数

木村政生(きむら まさお)
林学博士
1935年 三重県生まれ
三重大学農学部林学科卒業
1962年、神宮司庁営林部勤務
1993年、神宮司庁営林部長
神宮宮域林に関する論文多数
現在神宮自然保護委員
(財)砂防・地すべり技術センター評議委員

顔写真 久志本忠彦(くしもとただひこ)
くしもと整形外科病院院長
医学博士・スポーツドクター
昭和37年三重県津市生まれ
昭和62年三重大学医学部卒業
平成3年三重大学医学部大学院博士課程卒業(医学博士取得)
平成元年済生会松阪総合病院勤務
平成6年紀南病院整形外科医長
平成7年鈴鹿回生総合病院整形外科医長
JFL(現J2)コスモ四日市サッカークラブ チームドクター兼任
平成9年国立津病院勤務→三重中央医療センター勤務(骨粗鬆症外来担当)
平成11年くしもと整形外科開設
≪取得資格≫
医学博士
日本整形外科学会専門医・スポーツ医・リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本リウマチ財団登録医

顔写真 楠川陽子(くすかわ ようこ)
旬菜 野の花亭店主
管理栄養士
フードコーディネーター
1951年 三重県度会郡玉城町生まれ
三重短期大学 食物栄養学科卒業
1996年 管理栄養士登録
1998年 フードコーディネーター資格取得
2002年 玉城町自宅ぶどう園の隣に「旬菜野の花亭」を開店
野の花亭 クッキングサロン開講
以後、公民館や研修会などで地産地消を考えた食の提案、起業アドバイスなどを行い現在に至る

顔写真 楠川とみか(くすかわ とみか)
ハーブ研究家
日本アロマテラピーアドバイザー
1949年 三重県に生れる
1980年 1本のミントの出会いによりハーブに興味を持つ。
1988年 工房(アトリエ・トミカ)を立ち上げハーブ講習会やハーブ製品を販売
2000年 日本アロマテラピーアドバイザー取得
今後は、ハーブを中心に環境に配慮したり、山野草にも精通したいと思っています。

顔写真 黒田杏子(くろだ ももこ)
俳人
東京都出身。東京女子大学心理学科卒業。
大学卒業後、大手広告代理店博報堂で、テレビ、ラジオ局プランナー、『広告』編集長などを務めた。10年ほど俳句を中断するが、大学入学時より俳句指導を受けていた山口青邨に再入門。1981年、第一句集『木の椅子』で現代俳句女流賞、俳人協会新人賞、第三句集『一木一草』で俳人協会賞を受賞。
1990年、俳誌『藍生』創刊。現在、俳句会『藍生(あおい)』を主宰。日経新聞俳壇ほか各紙誌俳壇の選者、BS『俳句王国』主宰ほか、NHKテレビやラジオ、新聞、雑誌でも多岐にわたり活躍。「季語の現場」を訪ねて歩く行動的俳人として知られる。
【著書】
『水の扉(邑書林)』『花鳥俳句歳時記(平凡社)』『俳句と出会う(小学館)』『黒田杏子歳時記(立風書房)』『証言・昭和の俳句(角川書店)』『布の歳時記(白水社)』『四国遍路吟行(中央公論新社)』『季語の記憶(白水社)』、近く第四句集『花下草上』が出る(角川書店刊)。

顔写真 高潤生(こう じゅんせい)
【GaoRunSheng (号 風魂)】
書道篆刻家・現代印作作家・皇學館大学講師
1954年 ハルピン市生まれ
張鴻臣、游壽(介眉)に師事、文字学、書道を学ぶ。
第一回中国書法篆刻展、黒龍江省美術館十人展、鄧散木芸術館展など多数入選、入賞。
ハルビン師範大学書道専任講師、黒龍江省書法家協会理事、『青少年書法新聞』篆刻選評委員等を歴任。
1988年より芸術拠点を日本に移し、個展を中心に芸術活動を展開。伝統書道篆刻に加え、新しい文字アート「現代印作」「かな篆刻」を開拓し、国内外の芸術界の注目を集め、篆刻芸術の国際的な交流と発展に貢献している。
観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」などのロゴを制作。
五十鈴塾ロゴの書道デザイン及び看板揮毫。
<近年の主な芸術活動>
中国黒龍江省美術館 「高潤生《生命の楽章》現代印作・書作展」
三重県立美術館県民ギャラリー「高潤生《情感世界》現代印作・書作展」
三重県主催「高潤生現代印作巡回展」/五十鈴塾右王舎 「高潤生かな篆刻展」
『明日の友』「高潤生現代印作と養老孟司の随筆のコラボレーション」連載(婦人之友社)
中国黒龍江省博物館 「高潤生・王立民・欒継生芸術作品展」
ミキモト真珠島博物館 「高潤生現代印作・書作展」/MIKIMOTO主催 「高潤生現代印作・書作展」(東京、名古屋、大阪巡回)
上海「井ART」・東京「マキイマサルファインアーツ」「祥洲・高潤生二人展」
伊勢和紙館 高潤生個展「光陰を刻む」
東京・緑蔭館ギャラリー高潤生個展「陶然忘機」
名古屋・ギャラリー東櫻高潤生個展「天地相合」
懐中雑誌『ぱなし』 「漢字の旅」
<著書・論文>
著書『高潤生現代印作』、『かな篆刻』など
論文「山上憶良と初唐文学」「懐風藻と中国文学」「貧窮問答歌論」など
【作品収蔵】
中国黒龍江省美術館/中国鄧散木藝術館/御木本真珠島博物館/烏羽市図書館
※『高潤生のサイト』(http://www.koujunsei.com)を開設

顔写真 児島建次郎(こじま けんじろう)
元NHKチーフアナウンサー・白凰女子短期大学教授
1941年生まれ
日本大学法学部卒業
NHKアナウンサーとして入局。衛星放送やスペシャル番組を通じて古代文化を紹介。
1988年の『なら・シルクロード博覧会』にかかわり、以後シルクロードの研究に取り組む。
主たる研究テーマは『シルクロード文化論』『日本語表現法』。
年に数回ユーラシア大陸の旅を続けている。
【著書】
『シルクロードのロマンと文明の興亡』
『敦煌の美と心』
『正倉院への道』
『仏陀の道』
『悠久なるシルクロードから平城京へ』など多数

顔写真 木造隆誠(こつくりりゅうせい)
松尾観音寺住職
1972年生まれ
1993年自坊住職(祖父)遷化に伴い、松尾観音寺住職に就任
(社福)まほろばの里 杉の木園監事、評議員
(社福)まほろばの里 しいの木園監事、評議員
伊勢商工会議所中心市街地活性化推進事業理事
伊勢市観光協会理事

顔写真 小西蔀(こにし しとみ)
伊勢パールセンター 代表取締役
1936年 三重県多気郡大台町にて出生
1955年 県立相可高校卒業
1965年 伊勢にて内外真珠を創業
1971年 伊勢パールセンターを創業 代表取締役に就任する
1974年 『真珠の病院』を開設
1975年 紺受褒章拝受
日本バロックパール(変形真珠)協会を設立
1981年 伊勢市視覚障害者福祉会名誉会長
1991年 三重県奉仕活動功労賞(三重県知事より拝受)
1992年 カラス会発足 代表
財団法人 小野田自然塾 講師
1998年 中日新聞 社会功労賞受賞
【主な著書】
真珠の心(エッセイ集)
真珠との語らい(写真集)
愉快な仲間たち(ミニ写真集)

顔写真 小原輝子(こはら てるこ)
クラフトバンドエコロジー協会認定講師
小林豊子きもの学院分校長
現在、クラフトバンドの明和町中央公民館講座・同好会担当講師

顔写真 近藤美智絵(こんどう みちえ)
お茶を楽しむ会主宰
1948年鳥取県生まれ
流派にこだわらず日本の気候風土に根ざした自然のお茶を探訪し、会を開き、大勢の人とともに味わいを楽しむ。
こだわり続ける自然のお茶は、本来の香り・甘み・苦み・渋みのある誰もが安心して飲めるお茶。在来種(自生)を求め、国内外を歩く。
招かれて国内外でお茶の会を開いている。
近況
これまでオーストラリア・フランス・中国・韓国に遠征。
韓国(2000年)・スペイン(2001年)に招かれる。
音楽・美術とのジョイントとして、中国美術で有名な島根県・中川美術館で2回目のお茶会(2001年)フォルクローレの名ギター奏者ソンコマージュ氏との、7回目のジョイントコンサート(1999年)
編著 『お茶をおいしく楽しむ方法』(クロワッサン特別編集)

顔写真 五味貞介(ごみ さだすけ)
伊勢路料理「五峰庵」オーナーシェフ・伊勢調理師連合会師範・伊勢調理師専門学校講師・日本南極観測専門委員・日本風俗史学会員
1953年 二見町立二見中学校卒業後、15歳から日本料理の道に入る。二見町料理旅館「二見館」にて5年間、その後名古屋「尾州」の料理長に。
1972年 第13次南極観測隊に参加。1年3ヶ月間「昭和基地」にて越冬する。
1975年 ネパール、ヒマラヤ・エベレスト、トレッキング。
1980年 第21次日本南極観測隊に参加。1年3ヶ月間「昭和基地」にて越冬する。
1982年 料亭「魚鉄」料理長に。
1986年 中国雲南省チベットに渡り、日本料理のルーツを研究。
1994年 カナダ、アンダーソン・マッキンデー、トレキング。
1995年 中国、揚州商業大学で講演。
2002年 伊勢路料理五峰庵オープン。現在に至る。
【受賞】
1986年 全国技能大会にて農林水産大臣大賞受賞
1987年 文化庁より、食文化促進功労者として奨励賞を受賞
1990年 愛知県優秀技能者知事賞を受賞
その他CBCクラブ賞(東海文化人)など

| ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行 | ヤ行 | ラ行 | ワ行 |