イベント案内・お知らせ

神崎塾長講座「旅する神々③―山幸彦の潮路への旅」

講師 神崎宣武

(五十鈴塾塾長・民俗学者・文化審議会専門委員・旅の文化研究所所長)

日時  2019年5月23日(木) 18:30~20:00

山幸彦(火遠理命(ほおりのみこと))は、兄海幸彦(火照命(ほでりのみこと))の釣針を失ったところで、その針を探しに潮路(海)をさまようことになります。

そこで、行き着いたのが綿津見神(わたつみのかみ)の宮。

豊玉毘売(とよたまひめ)のとりもちにより、釣針を探し得ることができました。

『古事記』によると、大国主命は四つの名前をもっています。

山幸彦は、一尋鮫(ひとひろわに)に送られて陸に戻りますが、豊玉毘売もそれを追ったところで出産が間近

さて、その後の顛末はいかがなことに・・・。

参加費 会員 1,100円  ビジター 1,600円

定員  30名

場所  五十鈴塾右王舎