イベント案内・お知らせ

伊勢流神楽の行方

講師:櫻井治男(皇学館大学名誉教授)

ある時期には日本人の6人に1人が伊勢参りをしたという江戸時代。

お参りから宿、食事一切を一手に引き受けて仕切ったのは御師と呼ばれる人々。

外宮内宮合わせて800家以上もあり、莫大な権力と富を手にしていました。

明治になって廃絶され、その痕跡はほとんど残っていません。

現在、神楽と言えば伊勢神宮で行われていますが、今の神宮神楽は明治6年に宮内庁学部の指導を受けた舞楽です。

江戸時代、伊勢参りが盛んに行われていた当時、神楽は御師の館などで催されていました。

その中でも、御師の館で行われていた神楽は「伊勢流神楽」と呼ばれ、湯立神楽あるいは霜月神楽ともいわれる湯立が中心をなしている点に特色があったようです。

断片的に残っている絵図からも推察することができそうです。

今回は、皇学館大学名誉教授の櫻井治男先生を講師に迎え、「御師の館で行われていた神楽はどんなものだったのか?」「その名残はどこにもないのか?」といった視点で、伊勢流神楽を考えてみたいと思います。

日時  12月21日(火) 13:30~15:00

参加費  会員 900円  ビジター 1,400円

場所  五十鈴塾右王舎

定員  20名