イベント案内・お知らせ

はじめての花結び~茗荷結びのペンダント~ 

「花結び」は一本の紐を手で結び、花や蝶、紋などの形をつくる飾り結びです。「結ぶ」という行為には、長い歴史と伝統に培われた美しさが存在しています。古代人は、その結び目に神の御心が宿ると信じていました。仏教の伝来と共に花結びが伝えられると、花結びの文化は一気に花開きました。現在でも、信仰に関するもの、日本の伝統的なものなどには残っていますが、私たちの暮らしからはほとんど消えてしまいました。
そんな優美な結びを現代風にアレンジして楽しんでみましょう。
お教えいただくのは茗荷結びです。野菜の茗荷に似ていることから、この名が付けられました。ひもを着物の襟合わせのようにきちんと重ねていくのがコツで、大きさや目的によって巻く回数を変えて結びます。比較的新しい結びで和服のコートのボタンなどに使われていますが、今回はペンダントトップとして結び仕上げます。
(筆記用具・ハサミ・ピンセット・まち針(二本)を必ずお持ちください)
※材料準備の都合により、11/6に申し込みを締め切りますので、お早めにお申し込みください。

講師 川本 美香子(日本結び文化学会会員)

日時

11月11日(水)      13:30~15:30

参加費

会員 2,300円     ビジター 2,800円(材料費含む)

定員

15名限定

場所

五十鈴塾右王舎

茗荷(みょうが)結びは、その名の通り野菜の茗荷の実を模した結び方です。
茗荷は、『気がつかないうちに授かっている神仏の加護・恩恵。また、思いがけない幸せ。』を意味する「冥加(みょうが)」に音が通じることから縁起の良い植物として信じられてきました。
幸運を招くお守りとしてもご使用いただける水引飾りです。
講座で結び方を覚えて、巻く回数や紐の太さをアレンジすればイヤリングやブローチなど色々な作品が作れます。
先生が丁寧に教えてくださいます。ぜひ挑戦してみませんか?