イベント案内・お知らせ

はじめての陶芸

土くれをこねて焼くと器になる、そんな単純な作業がこのうえなく楽しいのはなぜでしょう。

自分で作った器に料理を盛ると美味しさが倍増します。作った花瓶に生けた花はかわいいと思えます。
この気持ちが大切なのです。世界にひとつしかない自分だけの陶器。挑戦してみませんか?
計画的な方は同じ柄のものを大きさを変えたり、お皿とお茶碗にしたりして段々に揃えてゆく方法で作って
います。これもいいですね。(エプロンとタオルをお持ちください)

日時

◇2020年6月~8月 (3回講座)
6月11日(木)    『手びねりの基本』
7月9日(木)      『絵付け』
8月27日(木)      『印花を使って』  / 各日18:30~20:00

参加費

(3回分)   会員 7,350円  ビジター 8,850円(材料費含む)

定員

20名

場所

五十鈴塾右王舎

6月11日(木)        手びねりの基本
暑さと戦う夏ですが、夜は少ししのぎやすくなります。
薄暮から暗くなるまでの時間をぼんやり過ごさずに焼き物に挑戦してみてはいかがですか?
夢中になって土にむかっているととても楽しいものです。
焼き物なんて不器用だからできないと思いこまずに一度体験してみてください。
手ろくろという手動でうごく台の上に土を乗せて飯茶碗や湯呑、小鉢などを作ります。

7月 9日(木)        絵付け
前回作ったものに絵具で絵を描きます。
今までの例ですと猫シリーズにしたり、花を描いたり、縞で統一した器にしたり、それぞれの
感性で面白いものが生まれます。
何もかかずに釉薬を選び、あとは先生におまかせというのもありです。

8月27日(木)        印花を使って
土を使って器や花瓶、ペン立てなどを作りますが、今回はその装飾にハンコ(印花)を使います。
先生が魚や、花や、丸、四角、渦巻きなどいろいろのハンコを用意してくださいますので、
それを出来上がった表面に適当に押してゆくだけです。
これが焼いてみると素敵になります。
陶芸用のハンコだけでなく自分でこれはどうかなと思うものを持ってきていただいても
いいですよ。表面だけでなく内側の底に押すのも面白いですね。
(この回で作った作品は、後日お渡しします)