イベント案内・お知らせ

漆器の町鯖江で味わう創作料理

福井県鯖江市は昔からものづくりが盛んな町として伝統を継承しながらも、新しい技術を取り入れ発展しています。とりわけメガネの町という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
繊維の町としても有名で、繊維のルーツといわれる幻の織物「石田縞」の復興など繊維産業産地でもあります。
また約1500年の歴史をもつ日本最古の漆器の生産地としても知られています。今回はうるしの里を訪れ、国の伝統的工芸品にも指定されている越前漆器の実演を見て、触れて、その魅力を感じましょう。
昼食は、伝統食を生かした創作料理です。歴史ある越前漆器を使った本膳と二の膳の食事を楽しんでいただきます。
昼からは、町中をボランティアガイドとともに散策します。花に溢れた春真っ盛りの魅力あふれる鯖江の町をたっぷりと堪能しましょう。
(歩きやすい服装で飲み物、おやつなどお持ちください)

講師 五十鈴塾事務局

日時

4月 10日(水)      7:00~19:00 ※こちらの講座は中止となりました。

参加費

会員 18,500円     ビジター 19,500円 (バス代・昼食代・ガイド料・保険料含む)

定員

18名限定

集合場所

6:55に五十鈴川駅集合

福井県というとかなり遠くに感じられますが、高速道路のおかげで伊勢からでも日帰りで行ける場所になりました。そこで麗らかな春に魅力あふれる街を訪れてみようと企画しました。
今回訪れる鯖江はメガネの国内生産90パーセント以上を誇り、「メガネの町鯖江」とも言われています。まずはメガネミュージアムへ。
次に漆器生産地として長い歴史を持つ鯖江の魅力にも触れてみましょう。うるしの里では漆器の実演を見学、漆器を使った本膳・二の膳の創作料理を味わいます。
昼食後は、ボランティアガイドと共に鯖江の町の散策をします。運が良ければ満開の桜もお楽しみいただけることでしょう。
小旅行にぴったりの季節、せひご参加お待ちしております。