イベント案内・お知らせ

冬至に祈る

五十鈴塾恒例の冬至の日の出参拝です。

一年に一度万物の源、太陽の神様、天照大御神を祀る伊勢神宮をお参りいたしましょう。

神様へのお参りはお願いすることよりも感謝を捧げることの方が大事なんだそうです。

今年も一年無事で過ごせたことを年末に神様にお礼申し上げる良い機会でもあります。
お参りの後は五十鈴塾で熱々のいとこ煮を用意いたします。

講師 佐熊 実(伊勢の語り部)・五十鈴塾事務局

日時

12月 22日(土)       7:30~10:00

参加費

会員1,000円     ビジター1,500円 (いとこ煮・お茶付き)

定員

20名限定

集合場所

7:30に宇治橋前に集合

冬至は一陽来復ともいいます。陰が極まって陽が帰ってくること、冬至を境に運気が上昇するとも言われています。

「冬至に天気が良ければ翌年は豊作」「冬至に雷が鳴れば雨が多い」「冬至に南風が吹けば、地震・日照り・大雨」「冬至に雪が降れば豊作」という言い伝えもあるそうです。

この日に「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めると言われています。にんじん、だいこん、れんこん、いんげん、ぎんなん、かんてん、きんかん、うどんなど「ん」のつくものを食べる事を「運盛り」と言って縁起を担いだそうです。

「冬至冬中冬初め」といわれるように、この日から冬の準備を始める日。

一年に一度万物の源、太陽の神様、天照大御神を祀る伊勢神宮をお参りいたしましょう。神様へのお参りはお願いすることよりも感謝を捧げることの方が大事なんだそうです。今年も一年無事で過ごせたことを年末に神様にお礼申し上げる良い機会でもあります。お参りの後は五十鈴塾で熱々のいとこ煮を用意いたします。