イベント案内・お知らせ

はじめての花結び~籠目結びのアクセサリー~

「花結び」は一本の紐を手で結び、花や蝶、紋などの形をつくる飾り結びです。「結ぶ」という行為には、長い歴史と伝統に培われた美しさが存在しています。古代人は、その結び目に神の御心が宿ると信じていました。仏教の伝来と共に花結びが伝えられると、花結びの文化は一気に花開きました。現在でも、信仰に関するもの、日本の伝統的なものなどには残っていますが、私たちの暮らしからはほとんど消えてしまいました。そんな優美な結びを現代風にアレンジして楽しんでみませんか。
花結び講座も「あわじ結び」「釈迦結び」に続き3回目、今回は「籠目結び」に挑戦します。 ペンダント・ブローチ・帯留にとひとつで3パターン楽しめる優れもの。色は白、黒、ピンク、ブルーの4色から選んでいただけます。  (筆記用具・白糸・針・ハサミ・ピンセットを必ずお持ちください)
※材料準備の都合により、10/6に申し込みを締め切りますので、お早めにお申し込みください。

講師 川本 美香子(日本結び文化学会会員)

日時

10月17日(水)                              13:30~15:30

参加費

会員 1,900円                           ビジター 2,400円 (材料費含む)

定員

20名

集合場所

五十鈴塾右王舎

この講座は初心者の方でも2時間で実用的でかわいい花結び作品が出来上がります。
プリントを見ながら順番通りに紐を結んでいきます。紐と悪戦苦闘をしながら少しづつ進めていくと、ゆるめに形が出来上がります。
さてここからが一番のポイントです。ピンセットを使って形を整えながら紐を締めていくのですが、これがなかなか難しい。結んだ順をおって少しずつ引き締めていきます。だんだん締まってくるとどこをどう締めるのかこんがらがってきますが、そこは先生の丁寧なご指導によって乗り越えましょう。
きれいに整えられたら花の中心に針と糸でパールを取り付け、裏面に接着剤でブローチ台座をつければ出来上がりです。
あとはペンダント用の紐にも花結びを施します。長さの調節が自在にできるのでとても使い勝手が良いですよ。ブローチやペンダント、帯締めにと使い方は色々。洋服や着物、バックなどに付けて楽しんで下さい。
自分だけのオリジナルアクセサリ―、あなたも作ってみませんか?

※ お申込みの際、左の写真を参照し黒、ピンク、白、ブルーの4色よりご希望の色をお選びください。 (紐の色はすべて黒色になります)

※ この講座の申し込み締め切りは10月6日となっておりますので、お早めにお申し込みください。