イベント案内・お知らせ

斎宮裏側探検隊

もっとも身近に歴史を感じられる斎宮。
平成27年4月には「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」として、文化庁の「日本遺産」に認定されました。
そんな斎宮の資料を収蔵している斎宮歴史博物館を訪ねます。「何回も行っている」という方もおられるかと思いますが、今回は普段はいることのできない斎宮歴史博物館のバックヤードを特別に案内していただきますのでご期待ください。多くの収蔵品がどのように大切に保管されているかなど、学芸員の仕事内容の大変さと面白さを垣間見ることができます。見学した後は、いつきのみや歴史体験館へ移動して、平安のお菓子づくりを体験しましょう。
身近にある平安の歴史と食に触れてみませんか?

講師 五十鈴塾事務局

日時

7月 18日(水)                   12:30~16:30

※都合により講座案内の日程が 7月4日 ⇒ 7月18日へ日程変更になりました。

参加費

会員2,300円     ビジター 2,800円 (バス代・入館料・体験料・保険料含む)

定員

18名限定

集合場所

12:25に五十鈴川駅集合

斎宮跡とは斎王の宮殿や役所の斎宮寮を中心とした史跡です。昭和45年に発掘調査が始まり、昭和54年に国史跡に指定、平成元年 斎宮歴史博物館発足、平成16年には博物館入館者数が100万人を達成しました。また、平成27年4月24日に日本遺産に「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」として認定されました。
斎宮は広大な面積を有しており、実態解明のため現在も発掘調査が進められています。
様々な出土遺物や遺構が調査で発掘されていますが、講座では斎宮歴史博物館の裏側、入館しても普通見られないバックヤードを学芸員の説明を受けながら見学します。どんな発見が待っているのでしょう。楽しみです。

知識を深めたあとは「いつきのみや歴史体験館」へ。平安時代のお菓子づくりに挑戦し、古代食と現在のお菓子との違いを感じてみましょう。斎王や貴族が当時行っていた遊びも楽しめます。
この機会に日本の歴史や斎王制度について楽しみながら学んでみませんか?

※ 日本遺産とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に発信することにより、地域の活性化を図る制度です。