イベント案内・お知らせ

「浦月香」を楽しむ

「しほがまのうらみなれつる夕けぶり霞の月にいかがみゆらん」
「しほがまのうら風ふくるあきの月いづくは有りともいつは有りとも」 三条西実隆
かつての歌枕の地、宮崎県塩竃の浦にあがる春の月と秋の月を詠んだ歌です。
今回は月見をテーマに、しかも霞の月(春)と秋の月を香りで聞き当てて、楽しむ組香です。

まずは試香(テスト)で、「春の月」と「秋の月」の香りを聞いていただき、その香りを覚えていただいたのち、どちらを抜いて、そこへ「塩釜」の香りを入れて打ち混ぜます。
さて、残った香りを聞き当てられるかどうか、お楽しみです。
聞き当てた香りで、「浦月香」の証歌が決まるのです。
「霞の月」か、「秋の月」か、それぞれの香りを優雅に聞き分けて、お月見を楽しみましょう。

講師 東 堯霞(香道御家流三條西宗家直門師範)

日時   2021.10月11日(月) 18:30~20:30

参加費   会員 5,300円 ビジター 5,800円

(香筵料・食事・お茶・お菓子代含む)

場所   五十鈴塾右王舎

定員   20名限定

五十鈴塾では、日本全国、そして海外へも日本の素晴らしい文化に触れていただこうと、忙しい毎日を送っておられる、御家流の三條西家直門師範である東先生をお招きして、三ヶ月から半年に一度くらいの日程でお香の講座を開講しています。
全く経験がないけど、ちょっと覗いてみたいと思われる方にも、日本独自の香りの文化を気軽に体験していただきたいとおっしゃる東先生の意向にそって行われます。
和歌が詠めなければダメ?作法を知っていなくてはダメ?全くそんなことはありませんのでご安心を。
回ってきた香炉に精神を集中させ深い香りを聞きあてる、たったそれだけのことです。
けれども不思議と、平安の貴族の高貴で雅な世界の一端に触れたような気持ちになりますよ。

今回は「浦月香」


  • 浦月香の「証歌」
    「しほがまのうらみなれつる夕けぶり霞の月にいかがみゆらん」
    しほがまもうら風ふくるあきの月いづくは有りともいつは有りとも
    三条西実隆の作です。
    「証歌」とは組香の主題・テーマを表す和歌のことです。
    実は「浦月香」には証歌が二つ用意されています。
    「春の月」を詠んだ和歌と「秋の月」を詠んだ和歌。
    香りももちろん二つともあり、参加者の方がどちらの香りか聞き当てられたときに、「浦月香」の証歌がその時に決まるのです。
    本来は最初から証歌が決まっていて、その証歌に沿って香りを作っていくのですが、今回は香りを当てる結果によって証歌が決定するというわけです。
    気持ちを集中して、「浦月香」の証歌がどちらになるか、聞き当てましょう。
    和歌や文学を主題にした世界を鑑賞し、香りで春夏秋冬を感じることができるのが香道なのです。
  • 組香って
    さまざまな香木を和歌や物語の主題(証歌や源氏物語など)によって組み、香を聞き当てる遊びをいいます。
    遊び方としては、まず香元になる人(塾では東先生)が香木を小さく刻み、その一片ずつをひとつひとつ香包に包みます。
    それを香元がよく打ち交ぜて、ひとつずつ香炉に炷いてゆきます。
    その香炉が参加者に まわされて、一同が薫りを聞きます(香道では香木を嗅ぎ分けることを「聞く」という)。
    そして銘々に答えを用紙に記入して提出します。
    最後に香元が、実際にたいた順序に香の銘を読み あげます。
    各自のメモと比較して各人のその日の成績がきまります。
    お香を聞くマナーは東先生がやさしく教えてくださいますが、香の薫りそのものを陶然として楽しむのが大事で、作法はいわばこういうものかと理解すればいいだけのこと。
    そして滅多に「聞く」ことのできない高価な香木の香りは、一休禅師がお香の効用を讃え記した「香十徳」にもあるように、体にとても良いのです。
    ですから、お作法を知らないことを遠慮したり、香の種類や香銘を知らないことを恥ずかしがったりしないで、一度参加してみてください。
  • 最後に
    騒々しい昨今、ひとときの静寂の中、良い香りに包まれることは心の安らぎになり、私たちが今感じにくくなっている五感を研ぎ澄ますことで生命力が得られます。
    リラクゼーションのつもりで、雅な香遊びを体感しましょう。
    ぜひお気軽に参加してくださいね。