イベント案内・お知らせ

西山克著「中世ふしぎ絵巻」販売!

「中世ふしぎ絵巻」 文:西山克 絵:北村さゆり

五十鈴塾の講師として、現在三ヶ月に一回の割合で講座を引き受けて下さっている、西山克先生。
先生の知識、お人柄で講座も大人気!

西山先生は2014年から東海道・山陽新幹線のグリーン車搭載誌「ひととき」で『中世不思議ばなし』を連載しておられます。

その人気連載を待望書籍化!!
H29年6月17日販売です!

中世の日本は、「生」と「死」の距離がとても近かった。
そんな時代を生きていると、人は「怪しいもの」、「妖しいこと」を信じられるようになるらしい…。

当時の人々が残した幾多の「日記」をもとに、彼らが見たもの、聞いたもの、そして信じた世を覗いてみませんか?
現代の私達が認識している世界とはずいぶん違う、中世の「ふしぎ世界」へ入る扉がこの本そのものなのです。

出版社「ウェッジ」から…。

他に例を見ない不思議かつ美しい造本です。

あなたを異界にいざなう27の物語。

斯界の第一人者、西山克教授が中世の怪異を時代背景と共に解説、各話の挿絵は日本画家の北村さゆりが描いた、大人の絵本としても楽しめる一冊です。

※上記の内容は、amazon を参考に掲載しています。

西山先生から一言

「僕は自分の書いた本を買ってくださいとは一度も言ったことはないんだけど、文章はともかくも北村先生の絵は本当に素晴らしく、まさに大人の絵本なので、良ければ買ってください」
…と、遠慮がちに五十鈴塾の講座で仰っておられました。

先日の6月3日に行った先生の講座「京都御所と御苑の神社」は好評のうちに終了いたしました。
次回は11月、まさにこの「中世ふしぎ話」をテーマにお話ししていただきます。
お楽しみに。