イベント案内・お知らせ

外から日本を見てみれば

訪日外国人が急増しています。
団体ツアーで来る人、個人で旅行パッケージを利用する人、全くの個人手配の人と形態はさまざま。彼らが訪日前に期待していたことは何?そして日本滞在中にしたことの満足度は?Very beautiful!(とてもきれい!) やVery interesting!(とても面白い!) は何に向けて発せられる言葉でしょうか?
世界文化遺産を含め、いくつかの観光地を取り上げて、実際の通訳の仕方もエピソードを交えて紹介します。
現場の実態を話しながら、あらためて日本文化とは何なのかを考えます。

講師  丹賀 祥二(英語通訳案内士)

日時

7月 4日(火)        13:30~15:0

参加費

会員800円     ビジター1,300円

定員

30名限定

場所

五十鈴塾 右王舎

近頃日本の観光地ではたくさんの外国人を見かけます。少し観察していると日本人からすると、とんでも無い行動や言動が見受けられます。
立ち入り禁止の所へ入ったり、土足で畳へあがったり、他の人の迷惑を考えずに写真を撮りまくったりetc.
でもそれは文化の違いや、習慣の違い、知らないと言った事によるものでしょう。反対に日本人も他の国の方の目には、???と言うような事もあるのでしょう
丹賀先生は日頃、通訳士として海外の方に日本をご案内されています。実際の現場で、面白かった出来事やお話、反対に「なるほど」と関心た事、恥ずかしいと思った事などお聞きし、あらためて日本と言う国について、文化について考え、外国の方々に日本の良さをアピールできるようになりませんか?