イベント案内・お知らせ

ぬくもり飛騨路号で行く高山

ぬくもり飛騨路号は冬限定の特別列車、名古屋から飛騨古川まで、初夏と初冬の期間にしか運転されません。

下呂駅ホームでの歓迎、車内でのおもてなし、各所では徐行するなどお楽しみが満載。

高山本線は岐阜から富山までを走る路線で、国の天然記念物に指定された飛水峡、飛騨川によって浸食された奇岩怪石が見ものの中山七里などが沿線にあり、別名絶景路線といわれるほどです。

高山に着いたらもちろん重要伝統見物群が並ぶ三町(さんまち)にゆきます。

宮川に並行して南北にのびる江戸後期から明治初期の建物の町で、造り酒屋、民芸品、名物の食べ物などの店が並んでいます。

本格的な冬になる前に飛騨を味わってみましょう。

※この講座は15名に達しました。お申込みいただいた方はキャンセル待ちになります。ご了承くださいませ。

講師 浅野目 政夫(暮らしの達人・鉄ちゃん歴40年)

日時  2019年 1月 19日(土)   6:50~17:15

JR東海の特別企画、キャッチによると・絶景である雪景色(あれば)を徐行運転。

・景勝地での車内放送(日本ライン、飛水峡、中山七里、乗務員によるおもてなし)

・車内、駅での地元民及び乗務員のよるおもてなし
(下呂駅では特産品販売、地元のおもてなし、車内では飛騨牛まん、地ビール、地酒など販売)

・飛騨グルメ案内

・岐阜県内の酒蔵、酒屋でおもてなしがある「ぎふ呑んべえパスポート」配布

・高山駅では地元民、JR社員のおもてなし

なんだかちょっとおもしろそうですよね。

高山では自由時間が2時間ほどとれます。

お好きなグルメを楽しんでいただくもよし、スタッフと一緒にブラブラ歩いて昼食にするも有りです。

冬の高山は超寒いでしょうが、まるまると着ぶくれてまいりましょう。

帰りは名古屋で寄道されるのもOKです。

JRの切符は何時に乗っていただいても大丈夫です。

参加費   会員 11,000円  ビジター 12,000円

(旅費、保険料含む)

定員   15名限定

集合場所   6:50に伊勢市駅JR側集合